恋に恋い焦がれ恋に泣く〜♪

あなたの【モテ期】はいつでしたか?

 

 

 

巷では、《人生にモテ期は3回来る》なんて言われています。

 

 

 

 

私、マルタマにも恥ずかしながらモテ期というものは存在しました。

 

 

 

 

最初のモテ期は、幼稚園の年中さんの時です。

 

 

近所の女の子という女の子から、めちゃくちゃモテました。

 

 

自分で言うのもなんですが、まさに

 

 

 

ラブリーエンジェル

 

 

その名にふさわしい可愛さ、愛くるしさを兼ね備えた存在でした。

 

 

その当時はまだ『真紅』には染まっておらず、『純白』の天使でした。

 

 

 

2回目のモテ期は、小学校四年生の時です。

 

 

クラスの女子に呼ばれ、渡されたのはクリスマスカードです。

 

 

「あんた、どうすんの?」と

 

 

アジャコングばりの迫力がある女子のボスに詰め寄られ、付き合うことになったのは転校生の「エリちゃん」です。

 

 

初めてもらった、ラブレターみたいなクリスマスカード。

 

 

そして初めてできた「彼女」という存在。

 

 

子どもですから、たかが知れています。

 

 

それでも初めての「彼女」です。有頂天でした。彼女の家に何度も何度も遊びに行きました。

 

 

 

訳も分からず、当時流行っていた

 

 

藤井フミヤの「TRUE LOVE」に酔いしれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして現在(いま)

 

 

 

 

 

3回目来てないんですけど。

 

 

 

 

 

俺、もう結婚しちゃったんですけど。

 

 

 

これから【モテ期】きてもちょっと困るんですけど。

 

 

 

イヤ、嬉しいですよ!

 

嬉しいけど、

 

 

 

 

俺何もできないじゃん

 

 

 

今更遊びたいとも思わんし

(強がり)

 

なんなら子育てに忙しいから

(実話)

 

 

 

 

 

もしかして結婚が、3回目だったの?

 

 

 

 

 

結婚する前、そんなモテた気しませんでしたけど!

 

 

 

神『おめー、モテ期一回分使わなかったら結婚できてねーから』

 

 

てゆー事⁉️

 

 

 

確かに、全っ然モテなかったけど、俺そこまでしないと結婚できなかった⁉️

 

 

 

 

 

 

まぁでも、かわいい息子ちゃんたちに出会えたから良しとするか。

 

 

 

 

 

 

しいて言うなら、思春期にモテたかったなぁ。

 

 

 

 

口くっさかったから無理だけど

 

 

 

【童謡】ふしぎなポケット【歌ったことあります?】

ポケットの中には♪

 

 

ビスケットが一つ♪

 

 

ポケットを叩くと♪

 

 

ビスケットが二つ♪

 

 

もひとつ叩くと♪

 

 

ビスケットが三つ♪

 

 

 

叩いてみるたび♪

 

 

ビスケットが増える♪

 

 

そーんなふしぎなポケットがほしい♪

 

 

 

そーんなふしぎなポケットがほしい♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

割っとるだけだよね?

 

 

 

 

 

てゆーか

 

 

 

 

 

ポケットにビスケット入れたらあかん‼️

 

 

 

ポケットの中、絶対カチャカチャやん!

 

 

 

ビスケットまみれやん!

 

 

 

 

絶対ママに怒られるやつ!

 

 

 

 

 

シャレ通じんからね、あの人。

 

 

 

 

あかん!あかん!

 

 

 

ムダに怒らせたらあかんよ!

 

 

 

 

例え、袋に入ってても

 

 

 

 

あかんよ!

 

 

 

食べ物粗末にしたらあかん!

 

 

 

粉々になったら、君食べんよね?

 

 

 

絶対

 

 

「パパ、あげる」

 

 

って言うの知ってますもん。

 

 

お父さんだって、粉々の食べたくないわぁ〜。

 

 

 

 

 

良い子のみんなはマネしないでね!

 

 

NHKのニュースで特集されていた《韓国人女性のフリーハグ》について思うこと

今朝、子どもの世話などをしながらでなんとなくしか見れなかったんだけど

 

 

韓国人女性が、韓国の民族衣装を着て、街の中でフリーハグ行なっているニュースを見た。

 

 

 

ちゃんと見ていたわけではないけど、すごい勇気のある行動だと思い、朝から泣きそうになっていた。

 

 

その女性は、『日本人は韓国が嫌い』と思っていたそうだ。

 

けど、日本に留学に来て、友人たちと触れ合う中でそんなことはないと感じたという。

 

最近の日韓関係の悪化を、少しでも変えたいと思い、街頭に立ちフリーハグを始めたという。

 

 

なんとなくでしか聞いてなかったので、全然違っているかもしれません。

ですが、僕はこんな感じで聞いていました。

 

 

純粋にすごいと思ったこと

 

 

それは

 

 

大勢の人が行き交う街のど真ん中で、

 

 

《私は韓国人です》

 

 

とカードを掲げて立っている姿です。

 

 

 

 

自分には到底できる行動ではありません。

 

 

 

 

 

ニュースを見たりしないので、世の中でどんな事が起こっているのか、僕はほとんど知りません。

 

子育てに追われて、ほぼ外界の出来事はわかっていません。

 

 

プラス、ブログを見ていてわかってもらえると思いますが

 

 

かなりのアホなので、政治的な事など一切わかりません。

日韓の歴史背景なども全くわかっていません。

 

 

ですが、自分のイメージとして韓国は

 

 

ゆすりたかりをするチ◯ンピラ

 

というイメージです。

 

 

 

なので、基本的に好きではありません。

 

 

僕の家族も、韓国が大嫌いです。

 

 

実家で息子がyoutubeで韓国のアニメを見ていた時も、親父はかなり不機嫌な態度でした。

 

遠回しに

 

『なんで見ている』

『他の動画を見ろ』

 

と言っていました。

 

 

ですが、僕はそれは違うと思っています。

 

 

僕自身も、韓国の事は好きではありません。

 

 

ハングル語を聞いていると、いい気分はしません。

 

 

ですが、僕のこの感情や思いを息子に押し付けたいとは思いません。

 

 

僕の息子は、純粋に韓国のアニメを楽しんでいます。言葉なんて理解していません。

 

だけど、キャラクターの表情、身振り手振りで物語を理解しようとしています。

 

 

親として、この姿を大事にしてやらないといけないと思っています。

 

 

 

話がだいぶ逸れてしまいました。

 

 

 

 

韓国の女性に対して

 

 

 

『何の意味があるの?』

『偽善』

 

などの意見が寄せられているそうです。

 

 

 

ですが、自分に置き換えてみて下さい。

 

 

彼女は『意味のない』と思われている事を大勢の人が行き交う街の中でやっています。

 

 

できます?

 

 

 

彼女は『偽善』と言われている事を、大勢の人が行き交う街のど真ん中でやっています。

 

 

できますか?

 

 

僕には無理です。

 

 

 

もし仮に僕の住んでいる街に彼女が来て、息子が

 

「あの人は何をしているの?」

 

と聞かれたとき、僕は

 

「世界中の人と仲良くなりたいと思っている人なんだって」

 

と伝えてあげると思う。

 

 

だけど、僕自身ハグする勇気はない。

 

 

 

 

でも、彼女の手を取って伝えたいと思う。

 

「日本を愛してくれて、ありがとう。」

 

 

 

まぁ、言えないと思うけど。

 

 

 

 

 

子どもには純粋に海外との人と触れ合ってほしいと願っています。

 

そして、わだかまりのない世界が築けている事を願います。

 

 

全然まとまってなくて、何言いたいか伝わらない記事ですいません。

 

 

 

【言っちゃ】言いたいことも言えないこんな世の中じゃpoison【ダメ】

この世の中には言いたくても言えない事

 

言いたくても言っちゃいけない事がたくさんあると思うんです。

 

 

「◯ね」「◯す」などは、本来ならとても汚く口に出してはならないものです。

 

 

 

ですが、友人や知人に向かって冗談ぽく言ってしまう事は多々あります。

 

 

 

子供が生まれてからは、このような汚い言葉を使わないように気をつけています。

 

 

 

が!

 

 

 

 

こんな言葉よりも、もっと人をおとしめる言葉があります。

 

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

『口くっさ‼️』です。

 

 

 

 

僕はこの言葉を、思春期真っ只中にいわれ《暗黒面(ダークサイド)》に落ちてしまったのです。

 

 

 

 

 

 

あれは、中1の終わり頃だったでしょうか。

 

 

 

クラスの中で、何かを決めようとしていた時です。

 

 

 

相手は“本郷くん”という子です。

 

 

 

 

初めてこの名前を目にした時は

 

 

 

なんてカッコいい名前なんだ

 

 

仮面ライダーの主人公と一緒な名前やんか!

 

 

 

と勝手に憧れのような気持ちを抱いていました。

 

 

そんな“本郷くん”との勝負です。

 

 

 

クラスの視線が僕たち2人に注がれる中、“本郷くん”は言いました。

 

 

 

 

 

 

『おまえ、口くっさ‼️』

 

 

 

 

ライダーキックよりも強烈な一撃でした。

 

 

 

僕はその瞬間からダークサイド(暗黒面)へと落ちてしまったのです。

 

 

ダースベイダーの如く

 

自分のライトセイバーを『ヴィン、ヴィン』に唸らせ

 

 

『シコー、シコー。コシー、コシー。』ライトセイバーを握り、呼吸しながら

 

 

はたまたショッカーの戦闘員と同じように

 

 

『イーッ‼️』

とイってしまうようになりました。

 

 

 

 

 

 

相手からすれば、何気ない一言なのかもしれません。

 

 

 

“本郷くん”もきっと悪気があったわけではなく、僕が本当に

 

 

 

『口くっさ‼️』かったんだと思います。

 

 

 

 

ですが、クラスの視線が一点に注がれる中の

 

 

『口くっさ‼️』

 

 

 

相手を地獄に突き落とすには十分すぎるほどの威力を持っています。

 

 

地獄大使が誕生したのは、こんな経緯があったんじゃないかと考えさせられ

 

また、人が【暗黒面】に落ちるのは、こんなにも簡単なのだとこの時実感しました。

 

 

 

 

 

それから僕は、相手がどんな人であれ

 

 

どんな『口くっさ‼️』くても

 

 

 

この言葉は使わないと決めました。

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

『口くっさ‼️』

 

 

使うなとは言いません。

 

 

 

 

もし、今あなたにとても嫌いな上司がいるとします。

 

 

どうしてもムカついて、会社を辞める覚悟があるのなら、その時は

 

 

『おまえ、口くっさ‼️』

 

 

を言ってやりましょう。

 

 

 

計り知れないダメージを相手に与える事ができるはずです。

 

 

 

 

きっと

 

 

 

『口くっさ‼️』

 

 

を使っていい場面はこの時だけだと思います。

 

 

 

この場面以外で、乱用すると相手のことを傷つけるだけでなく、ご自身にも危険が及ぶ可能性があります。

 

 

 

何事も、使用上の注意をよく読み用法、用量を守って使用しましょう。

 

 

 

親愛なる地獄大使より

飛んで、回って、夢の中

抱いて

抱いて

抱いて

抱いて

抱いて

抱いて

抱いて

抱いて

抱いて

 

眠って

眠って

眠って

眠〜れぇ〜〜〜

 

円広志夢想花】よりメロディ借用させていただきました。

 

 

 

 

下の息子ちゃんを、夜中抱っこしている時にふと流れたメロディです。

 

 

 

 

眠ぃ〜

 

 

 

寝不足

おにぎりの日。中身は何にする?

今日は上の息子ちゃんは、おにぎりを持って行く日です。

 

 

 

朝早く起きて、こっそりと作ろうと思っていましたが

 

 

 

全員5時起床‼️

 

 

なんなら、下の子に顔を叩かれて起床!

 

 

ありがとう、息子ちゃん

 

 

不甲斐ないお父さんでごめんなさい。

 

 

 

みんなで起きて、さっそくおにぎりを作ろうと思い、息子ちゃんにどんな具がいいか聞くと

 

 

『白いシャケのおにぎり』

(一般的な、おむすびの中に鮭フレークが入ったtheおにぎり)

 

タマゴのおにぎり』

(みんな大好き海苔タマのふりかけをかけて握ったおにぎり)

 

 

 

『それにウィンナー入れて』

 

 

 

 

 

 

ウィンナー?

 

 

 

 

 

ウィンナーっておにぎりの具になるの⁈

と思いながらも

 

 

なんて斬新なアイデアなんだ‼️と親バカ全開

 

 

シャケのおにぎりは三角形、海苔タマのおにぎりは俵型にして作りました。

 

 

 

男が作るおにぎりなので、ちょっと大きくなり、弁当箱に入らず。

 

 

少し潰してなんとか入れました。

 

 

 

帰ってきてからの感想が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

そんな話を今日の朝、職場でしていると

 

 

 

工場長

『あんた毎朝、旦那の握ってくるんだろ?』

 

 

人妻さん

『握ってないから。笑』

 

 

 

 

 

最初は、わからなかったが旦那さんのフランクフルトを握ってくる話だった。

 

 

 

 

 

俺もこんなオッさんになりたいなぁと思いながらも、瞬時に下ネタに反応できなかった自分に対して

 

 

まだまだやなぁ

 

 

と反省した。

皆様に謝罪いたします。

日頃より皆様からの温かいコメントやスターをいただいており、誠に感謝の念しかございません。

 

 

そんな心温かい皆様へ、僕は嘘をついていました。

 

 

 

 

自分のブログなので、嘘なんてついてもバレはしません。

 

 

でも、皆さんの温かい心に触れ、自責の念に堪えきれずお話しさせていただきます。

 

 

 

先日、僕はこのブログで

 

 

『風俗に行ったことがない』

 

 

と発表しました。

 

 

 

ですが、本当は違うんです。

 

 

 

 

本当は一回だけ行ったことがあるんです。

 

 

 

行ったことはあるけど、イッたことがないんです。

 

 

 

 

詳しくお話しさせていただきます。

 

 

 

 

当時は、二十歳ぐらいだったでしょうか?

 

 

会社の同期で、同じく風俗に行ったことがないヤツと『行くか!』という話になり、訳もわからず行くことになりました。

 

 

 

初めての風俗でめちゃくちゃ緊張していました。

 

 

 

どんなお店で、どんな事をするのか、頭の中はいろんなことが駆け巡っています。

 

 

 

店に入り、案内されて席に着きます。

 

 

お姉さんが、僕の目の前にきます。

 

 

慣れた手つきで、僕の股間を触り始めます。

 

 

初めての風俗で、あまりにも緊張していた僕は何をどうしていいかわかりませんでした。

 

 

 

お姉さんにどんな言葉をかけてあげればいいのかもわからず、でも何か話さなければいけないと焦りました。

 

 

そこで僕は禁断の言葉を放ってしまったのです。

 

 

 

 

 

「俺のフェルナンデスどう?」

 

 

 

 

 

お姉さんは言いました。

 

 

 

 

 

 

「別に」

 

 

 

 

 

 

その後の記憶はありません。

 

 

どうやって店を出たのか

 

 

帰りはどうやって帰ったのかも記憶にありません。

 

 

 

 

 

今思えば、お姉さんの反応は当然の反応だと思います。

 

 

 

例えるなら、相手は一流の刀鍛冶です。

 

 

まさに匠です。

 

 

 

何百もの“刀”を磨き、鍛えあげてきた名匠です。

 

 

そんな方に対し、僕は木刀を差し出して

 

 

 

 

「俺のエクスカリバー(聖剣)どう?」

 

 

 

と言ったも同然です。

 

 

 

 

普通ならその場でへし折られています。

 

 

 

 

この世でイかずに、あの世にイッてしまうところです。

 

 

 

 

本当に命があっただけよかったと思っています。

 

 

 

 

 

この話

 

 

 

 

 

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

 

 

 

このことを踏まえて、皆さんにお伝えしたい事

 

 

 

特にまだ風俗に行ったことがない方にアドバイスするならば

 

 

 

 

 

外人の名前はやめておけ

 

 

ってことです。

 

 

 

 

あのお姉さんも思ったと思うんです。

 

『ゴリゴリのモンゴリアンのくせに気取ってんじゃねーよ』って。

 

 

これが、日本の和名だったら、あのお姉さんも微笑んでくれてたと思います。

 

 

 

スジ太郎

 

キン二郎

 

タマ三郎

 

 

 

今行くとしたらこの名前を僕はムスコに名づけます。

 

 

 

 

 

以上になります。

 

 

 

皆さま、誠に申し訳ありませんでした。