まるたまも男の子

お疲れ様です、まるたまです

 

 

最近めっきりブログ書かなくなってたんですけど、辞めたいとかは思ってないんですよ

 

 

ただ家事してたり、子供の世話してたり、Twitterしてたりしたらなかなかブログを書く時間がないわけですよ

 

 

でもこうやって思い出したように書きたくなるのでこの場所は残してあるんですけどね

 

 

 

正直100記事を書かなきゃって使命感があったんだと思います

 

 

 

だからなんだか疲れちゃったのかなぁ

 

 

どちらかというとTwitterの方が楽っていうのもある笑

 

 

 

でもTwitterで書ききれない事はこうやってブログに書いて楽しみたいと思います

 

 

 

さて前置きは長くなりましたが、今日は何かというと

 

 

 

TSUTAYAとかGEOとかのレンタル屋さんありますよね?

 

当然大人のコーナーもあります

 

 

僕も大変お世話になりました

 

 

アダルトコーナーって独特の雰囲気があって、あの18禁の暖簾をくぐると別世界に入った感覚になるんですよね

 

 

くぐった先にはいろんな人がいます

 

 

年齢もバラバラ、僕みたいにモテないような奴はもちろん

 

「えっ⁉️なんでそんなイケメンなのにAV借りんの?」って人もいたり

 

 

たまにカップルで入ってきてイチャイチャするプレイ的な輩もいます

 

 

 

ジャンルも沢山あって、女優さんのモノや素人、熟女、企画モノ、職業別etc…

 

 

いろんな種類があるんですよ

 

 

 

でも僕が一番思っていた謎があるんですけど

 

 

 

 

 

 

なんでレズが置いてあるの?

 

 

 

 

 

コレ本当に謎なんです

 

 

いや、レズを否定するわけではなくて

 

なんでアダルトコーナーにレズが置いてあるの?って事です

 

 

いろんな奴があの聖域(サンクチュアリ)に入ってきますけど、女の人が一人で入ってくる事なんて一度も見たことないですもん

 

 

女性の店員さんが入ってくる事はありますけど、それ以外で女性だけっていうのは見たことありません

 

 

 

男がみて楽しいの?

 

 

 

まぁ人の性癖なんていろいろですから、なんとも言えませんけど

 

 

 

 

ちなみに僕は熟女が好きです

 

 

 

 

恥ずかしながらカミングアウトしました

 

 

 

20代の頃からハマってます

 

 

昔から一貫して思うのは30代は熟女じゃねぇ!

 

 

熟女は40代から!

 

 

 

30代なんてまだまだ若造です

僕に言わせればただのお姉さんです

 

 

 

他にも色々僕の好きなジャンルはありますが、ちょっと引かれても困るのでおいおいカミングアウトします

 

 

 

 

 

 

この記事意味あんの?笑

 

 

 

とりあえず書きたいから書いてみましたよ

 

 

 

お久しぶりの投稿です

お久しぶりです!まるたまです!

 

 

めっちゃサボってました

 

 

というかTwitterにどハマりしてました笑

 

 

Twitterやればやるほどゲームみたいで楽しいですね

 

 

全然フォロワー増えないけど笑

 

 

なんかレベル上げみたいで楽しみながらやってますよ

 

 

 

やってない人はちょっとやってみるとおもしろいかもしれません

 

 

 

何しろレスポンスの速さが魅力的ですね

 

 

 

ブログより簡単で自分には合っているような気がします😁

 

 

でもここも辞める訳ではなくなんとなく思ったかもがあれば投稿したいと思います

 

 

 

Twitterで書ききれない事をここで発信できればと思ってます

 

 

今日は時間があったのでとりあえずブログも更新できました

 

 

大した内容じゃないですけど

 

 

もしよかったらTwitterフォローおねがいします笑

インド人にTwitterでフォローされたー

いやぁ何が起こるかわからんもんですね〜

 

インドの人と繋がるなんて

 

僕をフォローしてくださってる方の中に、インドの方と繋がっている方がいたみたいなんですけど

 

 

とうとうこの僕も

 

 

世界と繋がった

 

 

カレーについて呟かんといかんなぁ

 

 

「タンドリーチキンをは大好きです」

 

って送ったらいいかな?

 

 

インドってそもそも何語?

 

 

いや、インドの人は頭がいいから、日本語でもいけるかもしれんなぁ

 

 

 

 

こんな事があるからTwitterって楽しいんやろうなぁ

 

 

最近Twitterにハマりつつあります笑

 

 

『何呟いていいかわからない』なんて思ってたんですけど、ブログと一緒で何呟いたっていいんですよね

 

 

最近やっとそんな風に思えてきて、以前より気軽に呟いてます

 

 

僕の中でTwitterって【炎上】っていう単語が漠然とあって、ネガティブなイメージでした

 

 

変なこと呟くと、ここぞってマウントしてくる人とかいるんじゃないかって

 

 

でもそうじゃなかった

 

 

むしろ暖かい言葉を綴ってる人の方が多い印象

 

 

いいねをするとすぐフォローしていただいたりして、ブログより反応が早いのも楽しいところなのかも

 

 

やってない人は覗いてみるだけでも楽しいと思います

 

 

 

 

 

 

次はどこの国の人からフォローされるかな?笑

 

 

 

 

祝え🎉マルタマ'ずブログ記念すべき100記事目‼️とりあえず振り返りとかやっちゃうの⁉️

どーも、ご無沙汰しております

 

 

まるたまです‼️

 

 

 

またまた久しぶりの更新になりました。

 

 

下の息子ちゃんが、胃腸炎になって気持ちいいくらいのマーライオンっぷりだったもんですからブログどころじゃありませんでした笑笑

 

 

前回までは、【まるたまという男について】と題して無駄に3回もお送りさせていただきました

 

 

要約すると

 

 

息子LOVEないい加減なA型

 

 

という事なんですね笑

 

 

100記事目を書くために引き延ばしたわけでは決してありません!

 

 

 

別に100記事目も【まるたまという男について④】として書いても良かったんですよ

 

でもね、4回も書いちゃうとキリが悪いじゃないですか〜?

 

4回書いたら、5回目も書かないとなんか気持ち悪いっていうか

 

でも読んでくださってるあなたの気持ちもわかるんです

 

 

 

 

『お前にそんな興味ねぇ』

 

 

ですよねー

 

 

なので、たまたま100記事目だったもんですからね、ちょうどよかったなぁと思ってるんですよ

 

 

話題を切り替えるいいチャンスだと

 

 

けっこうブログやってる方だったら100記事って記念すべきものですよね?

 

 

いろいろ見てると100記事目に書くのは

 

  • 今までの振り返り
  • どんな記事を書いてきたか
  • 自分の人気記事の紹介

 

 

なんかしちゃうんですよねー?

 

 

いいですよね、俺もやってみたい!

 

 

 

 

 

いや、やっぱ辞めとこう

 

 

今更,自分の過去の記事なんて見たくない笑

 

恥ずかしすぎるでしょ?

 

 

だって大した事書いてないからね

 

 

陸で海猿に助けられた話とか

 

marutamapb.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

初心者のクセにブログ語っちゃったりとか

 

marutamapb.hatenablog.jp

  

marutamapb.hatenablog.jp

marutamapb.hatenablog.jp

marutamapb.hatenablog.jp

marutamapb.hatenablog.jp

 

 

 

エースコックのワンタンメンが美味いとか

 

 

marutamapb.hatenablog.jp

 

 

浮かれて厨二病全開の記事とか

 

 

marutamapb.hatenablog.jp

 

 

 

風俗で心ベキベキにへし折られた話とか

 

 

 

marutamapb.hatenablog.jp

 

 

Twitterの悩みとか

 

 

marutamapb.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

ホントロクな事書いてねぇな

 

 

 

恥ずかしすぎるわ

 

 

 

 

 

 

 

俺もみんなみたいなかっちょいいブログ書きたい

 

 

 

あと100記事書いたらいい感じの記事書けるかな?

 

 

 

 

がんばろ〜

 

まるたまという男について③

今回で3回目の“まるたまという男について”です!

 

 

 

 

 

 

 yeahーーーーーー!!!

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず盛り上げようと試みました

 

 

 

ウザくてすいません笑

 

 

 

だって誰も興味ないと思うから、自分を鼓舞しないと書けないでしょ笑笑

 

 

 

 

 

 

前回は、自分の性格?考え方と自分の子供に対しての想いみたいのを書きました

 

 

 

 

 

 

“僕は生粋のA型”っていうのも書きました

 

 

でも“まっ、どっちでもいいか”っていう考え方になったのも書きました

 

 

 

 

で、この考え方になってから必ず

 

 

 

 

 

 

「O型でしょ」

 

 

または

 

 

 

 

 

「O型だと思ってた」

 

 

と言われるようになりました

 

 

 

 

 

 

 

O型の人ってこんな感じなの?笑

 

 

 

自分で言うのもなんだけど、O型の人!

 

もうちょっと、しっかりしませんか?笑

 

 

 

 

 

 

自分の中では、「自分のクソ真面目さがイヤ」という事から誰に対しても

 

「別にいいんじゃね?」

 

 

「まぁ、どっちでもいいけど」

って言ってただけなんだけど笑

 

 

プラス深く考えるのをやめてるから(考えるほどの頭脳を持ち合わせていない)

なのか、とても大雑把にみられる

 

 

自分の中では一応線引きしてるつもり

 

ここまでは譲れないっていうところまではやってる

 

でも完璧にはやってない

 

 

何度も言うが僕は“生粋のA型”です

 

 

正直、こだわり始めるとキリがないです

 

 

『こうした方がいいかな?でもあーゆーやり方もあるな。もうちょっと直そう。イヤでも時間かかるかも。他に迷惑かかるかな?でも気になるしな…ブツブツブツブツブツブツ』という感じで、自分のこだわりに押しつぶされそうになります。

 

 

ですが世の中そんなに完璧を求められてないんですよね

 

なので余計にこだわる事(神経質な事)をやめました

 

 

でもイチャモンつけられるのはイヤなので、ある程度言われないところまでは何でもします。

 

『やる事やってんだからグダグダ言うんじゃねーよ。気にいらないならお前がやれ!』と心で思いながら何事も取り組みます

 

 

 

でも人がいい加減なのは

 

 

大嫌いです笑笑

 

 

 

 

こんなところがいい加減に見えたり、自由な感じがするんでしょうかね?

 

 

まぁいい加減なのは間違いないけど笑

 

 

 

 

 

実際の僕は自由かと言われると……

 

 

 

 

 

自由かも笑

 

 

 

 

子供の事を一番に考えたいから、本気で働く事をやめました(世の中のお父さんのようにガッツリ働いて稼ぐという事)

 

 

僕の不器用な性格では、仕事をしながら子育ても本気にやる事をできないと思ったから

 

 

なによりも子供を優先して考えたいから

 

 

 

 

だから専業主夫に近いものはあると思う

 

 

でも専業主夫の方ほど全てやる訳ではないですよ。簡単な料理と洗濯くらいはできます。掃除は苦手。というか、散らかっててもあんまり気にならない笑

 

 

ここら辺もいい加減で、自由と思われるところなんかな?笑

 

 

「全然A型じゃないやんけ!」

とツッコまれそうですけど、僕ってこんなもんです笑

 

 

 

 

 

 

とまぁ、こんな感じですか?まるたまという男は

 

 

 

 

まとめ

 

まるたまという男は

 

  • 繊細で
  • 異常なほど息子が好きで
  • 生真面目なクセにいい加減なフリをしていて
  • 世の中のお父さんほど本気で働いておらず
  • 自由だと思ってないけど、普通の人より自由な
  • 性癖にクセがあるオッさん

 

 

 

という事ですね

 

 

 

 

 

ビミョーな男やな笑

 

 

 

 

 

 

また気が向いたら自分について語ろうかな

 

まるたまという男について②

前回に引き続き自分語りをしていこうと思います。

 

 

と思うのですが、やっぱ難しいなぁ笑

 

 

正直なところ自分が一番自分の事わかってないと思う

 

 

だからどう伝えていいのかわからないんですよね

 

 

 

僕って自分というモノを持ってないんです。これはいつからなのかはわからないんですけど、人の言い分になんとなく共感してしまう

 

 

『そんな考えもあるよな』って思ってしまう

 

 

だから断定するのがすごい苦手

 

 

ただの優柔不断なだけだけど笑

 

 

繊細と言われれば、きっとそうなんだと思う(自分で言うな)笑

 

 

感受性豊かという表現が一番当てはまるんだと思うけど、実生活では役に立ってるかはわからない笑

 

 

でも人の気持ちを理解するのには役に立ってるかな

 

 

この性格のおかげで子供の気持ちに寄り添う事が出来てると思うから

 

 

 

自分の考えを押し付けるんではなくて、まずはどう考えているのか思い計る

 

 

 

そんな事が出来てると思う。

 

 

 

出来てるはず…。これも断定出来ないところが自分らしさかな

 

 

 

 

 

 

この優柔不断さが自分でもイヤになってるからだと思うんだけど

 

『まっ、どっちでもいいか。』

 

って深く考えるのをやめてしまったんじゃないかな

 

 

僕は生粋のA型

 

何事もきっちり、順序だてて、世の中の常識が何より正しい!

みたいなところがあった

 

 

でも、世の中にはそんなのが当てはまらない存在というか、人が無数にいる

 

 

昨日言ってた事が、今日になったら180度変わってる

 

 

僕が意見した事を全力で否定していたのに、次の日には意見した事が正しい事になってる。でもその事に対しての「君が正しかった」「間違った事を言っていて悪かった」なんて言葉が返ってくることはない

 

 

だからなんだか真面目な性格がイヤになっちゃって

『ふ〜ん、まっ、どうでもいいけど』

みたいになって今現在を生きている

 

 

 

でもこれは自分の事だけ

 

 

 

子供に対しては一切妥協したくない

 

 

 

彼らには、感じるままに、思うままに生きてほしい

 

 

だから僕は彼らのやりたいようやらせたいし、遊ばせたいように遊ばせる

 

人を傷つけるようなこと、身の危険があるような事は止めるけど、それ以外はある程度なんでもしていい

 

 

そのかわり絶えず側にいる

 

 

気持ち悪いくらいに側にいる

 

 

某マンガの“スタンド”かってくらい側にくっついて危険から身を守ってあげる

 

 

 

だから、外に行った時、公園でもショッピングセンターでも子どもの側でスマホをずっと見てる親を見るとちょっと理解できない

 

 

 

『この人は子どもが他の友達に危ない事してもいいの?』

『アンタスマホいじってる間にどっか行っちゃったらどうするの?』

 

 

最近は子どもの誘拐や、連れ去り、行方不明になる事をよく聞く

 

 

でもその時親はどうしてたの?って思う

 

 

 

ちゃんと見てたの?一人で行かせたりしなかったの?

 

 

 

子どもを作ったからには絶対に責任がある

 

いい加減には育てられない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでまたまた休憩しましょう。笑

 

 

 

引っ張るよね〜笑

 

 

 

あと何回続けんだって話だけど、次で終わりになると思うんだよね

 

 

 

聞きたい事があればどうぞ笑

 

 

 

 

まるたまという男について

まさかこんな日が来るとは思いませんでしたねー

 

 

自分の事を語るなんて笑

 

 

 

 

 

だってそうでしょ?

 

僕って普通のパンピーなんですよ笑

 

正直語ったところで誰も興味ないだろうと思うんです

 

でもね、こんな僕に興味を持ってくれた人がいる

 

こんな何でもないと思っていたブログを

 

スペシャルなブログ」と書いていただいた

 

そんな事言われたら、ちょっと自分の事知ってもらわないと失礼じゃないですか

 

 

 

なので初めて自分語りしてみたいと思います笑

 

 

 

 

 

 

 

イヤ、興味ない

とは思いますけど一応付き合ってくださいよ

 

 

 

 

 

なんでブログを始めようと思ったか

 

 

まずはこれ書いとかないとでしょ

 

 

まぁ単純に副業になると聞いたからの一択です

 

 

めっちゃ邪な理由です笑

 

 

でも途中で気づいたんですよ、向いてないって

 

 

書く事に慣れてないし、上手く人に伝えることも出来ない(途中で何言いたいかわからなくなる)

 

 

なので自分の今までや、現在の事を面白くネタみたいに書こうと思ったんです。(一応全て実話です。ウソは書いてません)

 

 

でもなかなか読んでもらえない。

 

 

そしたらどうするか?

 

 

 

 

自分から行動するしかないでしょ!

 

 

 

 

そんな時に出会ったのが今回僕のブログを紹介していただいた方だ

 

 

 

 

 

 

 

タイムマシーン

 

 

僕の初のはてブがこのタイトルだった

 

 

厨二病を患っている僕にはとても突き刺さるタイトル

 

そして、その記事の中で紡がれる文字がまたまた厨二の僕に突き刺さる

 

 

悔やんでも元には戻らない

私たちは一分一秒毎に、常に更新され続けている

常に今この現時点が、私なのだ

 

 

これが、【タイムマシーン】という記事の最後に書かれた言葉です

 

 

 

 

 

美しい…

 

 

 

 

単純にそう思ったんです

 

 

『なんてキレイな文章を書く人なんだろう』

 

 

そう思いました。

 

 

 

その後、【行ってきます】というタイトルの記事にはてブを押しています。

 

 

最後の

 

 

行ってらっしゃい。

 

 

行ってきます。

 

 

 

 

このフレーズがなんだか小説のワンシーンみたいでめっちゃ惹きつけられたんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とここで一旦休憩しましょう!

 

 

 

 

 

 

なんせ中々書く時間がないんです!

 

 

普段の生活なら、子供たちが保育所に行ったりしているのですが

 

 

今は連休

 

こっちも朝から晩まで子供に付き合ってヘトヘトです笑

 

 

ブログを覗く時間もありません

 

 

この記事書いてる現在の時間

 

 

 

 

 

 

午前3:25でございます

 

 

 

 

 

 

おはようございます…

 

 

 

 

寝起きドッキリ始まるような時間です

 

 

 

こんな時しか書けないんです笑

 

 

 

 

 

申し訳ありません!

 

 

 

 

ちょっとひっぱります笑